メインコンテンツブロックにジャンプする
:::
ホーム レクリエーション情報 主要テーマから探す 伝統祭典

伝統祭典

金門先住民の多くは閩南から海を渡ってやってきて、早くから開発していました。早期は厳しい環境や戦争などに見舞われた影響により、中国南方社会で特に盛んな民間祭典を踏襲していました。後に独特な歴史及び生活経験に基づき、更に地方の色彩が加わった独特な民俗活動が盛んになりました。

祖廟祭典
金門の集落の多くは一つの苗字の血縁一族で構成されています。よって祖廟は村全体の心の拠り所であり、集落の運営と配置の割り振りをしています。春と秋には祖廟にて行う先祖供養の行事は、村の一大イベントです。

宮廟の生誕
伝統社会が自然の力に対する敬いと恐れにより、金門各村の宮廟では、毎年奉る神様の生誕時に、定期的に「平安醮(法事)」を行います。このイベントは基本的に神様に感謝の意を表してご加護を頂くと共に、福を賜り、地域の安全を守っていただくものです。このセレモニーもまた、独特な庶民の生活文化となっています。

城隍を迎える
後浦(金城)城隍は、清朝康熙年の時に金門城からお香を分けてもらい、後に後浦住民たちの共同の信仰となりました。毎年陰暦四月十二日には、後浦の人々は盛大に城隍の巡礼を行います。

愛国将軍廟
將軍廟で奉っているのは、主に国民党祭祀的主要是国共内戦のときに金門で戦死、或いは金門が戦地政務を担っていた時期に事故で亡くなった軍人たちです。恨みを持たず住民の皆さんを守ってくれる願いを込めています。最も有名で規模が大きい愛国将軍廟は李光前将軍廟です。参拝客が多く、毎年の法事は盛況そのものです。

七月の流火
伝統的な祭りの一つに、処暑を過ぎると、最も盛大に行われる民俗行事が中元普渡です。陰暦七月一日の「鬼門が開く」その時から七月末まで一ヶ月間、金門の各村の至るところで普渡の祭儀が見られます。普渡当日の午後になると、金門各世帯は玄関口に多くの食べ物を並べて「好兄弟(無縁仏)」を供養します。海に近い村では、海辺で海で亡くなった方の魂を供養し、安全を祈ります。

奠安
廟宇、祖廟或いは住宅を修繕、落成の際に、安全を祈る儀式です。奠安日を選ぶ際には、陰陽五行と風水を合わせて考慮し、この建物の向きに有利な年に行うようにします。よって落成後、時として何年も経った後に漸く醮儀の儀式を行う時もあります。


 

TOP