メインコンテンツブロックにジャンプする
:::

太武山の「毋忘在莒」等8か所の石刻の塗装を近日実施

日付: 2020-02-20

fb line twitter google weibo printer
アクセス率:76

金門国家公園管理処は、公園の資源とより良い環境を守るため、2020年2月19日より太武山にある「長嘯」、「中興在望」、「毋忘在莒」、「毋忘在莒勒石序」、「総統訓示」、「頑石点頭」、「其介如石」及び「人定勝天」の計8か所の石刻の塗装を行う。工期は約1週間。施工期間中、「毋忘在莒」には足場を設置するので、来園者は、安全のため適切な距離をとるようにされたい。施工期間中、ご不便をかけることをお詫びする。

太武山には、歴史的価値のある岩壁の彫刻や石刻が非常に多くあり、当時の文化を伝えている。今回の石刻の再塗装は、天候の影響による塗装の剥がれや文字の薄れ等を受け、展示物と園内の環境を守るため行われるものである。今回の太武山石刻の再塗装は、金門の特色を守るものでもある。
 

TOP