メインコンテンツブロックにジャンプする
:::

金門国家公園軍営地活性化のための経営管理権入札を実施、志ある経営者の参加を歓迎

日付: 2020-09-23

fb line twitter google weibo printer
アクセス率:164

金門国家公園管理処は、長年軍営地の修復と活性化、再利用を積極的に推進してきた。各種軍事施設の使用効率向上のため、今回も特別に軍営地活性化経営管理権入札を実施する。金門を訪れる観光客にかつての戦地金門の雰囲気を十分に体験してもらう機会を提供し、金門地区特有の観光資源を活性化すると同時に、エコツアーを推進し、地域の産業・経済を盛んにすることで、地元集落のレクリエーション産業の発展も促すことができ、ひいてはより多くの人が戦地史跡の保存に関心をもつとともに恒久的な保存を重視するようになり、これらを後世に伝えていくことができようになる。

2020年の第1回軍営地活性化経営管理権入札-第2回公告の対象地点は烈嶼郷九宮売店とする。公告は1回で、段階的開札を行う。対象物は九宮売店(四維七営エリアと烈嶼観光センター売店エリアを含む)、入札期間は本日から2020年10月22日(木曜日)午後2時まで。興味のある方はこの機会をお見逃しなく。

公告事項及び入札書類の詳細については、金門国家公園管理処ホームページwww.kmnp.gov.twから最新情報を直接ダウンロード可能。入札書類は、業務時間中に管理処行政センター窓口で受け取ることができる(所在地:892金門県金寧郷伯玉路二段460号)。入札に関する問い合わせ等は、業務日の午前8時30分~午後5時、担当の陳(電話:082-313211)まで。
 

TOP