メインコンテンツブロックにジャンプする
:::
ホーム よくある質問 翟山坑道を建設することになった理由は?どうやって掘り進んだのですか?また、その特色は?

翟山坑道を建設することになった理由は?どうやって掘り進んだのですか?また、その特色は?

1.民国47(1958)年の823戦役の後、台湾と中国の関係が緊張し、再度の戦略攻防に備えるために、台湾の軍隊は積極的に修築工事を強化して、この坑道を建設しました。
2.翟山坑道は、民国52(1963)年から掘り始め、少量の爆薬と人力によって、一日三交代制で二十四時間掘り続けて完成させました。工事期間は三年でした。
3.翟山坑道は、大きな一枚の花崗片麻岩を掘り進めたため、非常に硬くて堅固な坑道です。坑道は、坑道と水道の二つに分かれていて、坑道は全長約101m、幅約6m、高さ約3.5mです。そして、水道はA字型で、全長約357m、幅約8m、小さなボート42艘が収納できます。水道の壁には、ボート停泊用の番号が記してあります。水道は、上陸用ボートが旋回して補給運搬する目的で使用されました。その後、泥や砂が溜まり、戦備としての機能が減退したため、民国75(1986)年に廃棄されました。
Last edition:2021-12-23
TOP